貝象嵌
象嵌における加飾法を独自の技術として極める

宝石のような輝きを持ちつつも品のある、奥ゆかしい美しさ。ゆえに、長く愛用したくなる。

製品のご案内

豊かな輝きを嵌める

しっとりとしたツヤのある黒檀や高級家具材として用いられるウォールナットに施された、豊かな真珠層の輝き。
光が当る角度によってその表情をかえる、それが貝象嵌(かいぞうがん)の魅力です。貝象嵌とは、素材である「貝」を、様々な形に「象(かたど)」って、木に「嵌(は)」める…読んで字のごとくの技法。木地にモチーフに合わせた彫りを入れ、貝殻の内側にある真珠層を、同じモチーフにかたどり、寸分違わずはめ込んでいきます。
※商品は全て岩手の地で作られています。

古来の伝統技術を>独自のものに極めて

漆器などに多く用いられる加飾法・螺鈿(らでん)も同様の加飾法ですが、こうした伝統技術をベースに独自の技術にまで高めています。
というのも、夢工房で扱うのは、主に小さな生活雑貨。箸にいたっては、約9mm の幅に細かな模様をはめ込んでいくからなのです。

素材の良さを引き出す洗練されたデザイン

そして、夢工房が唯一無二なのは、オリジナルデザイン。例えば、箸置も、木地のなめらかさを生かすようにゆるやかなカーブを持たせ、日本の四季や縁起ものなどのモチーフを組み合わせることで、幅広い年齢の方々に好評を得ています。

黒檀(こくたん)

細工用の木材として家具や建材、楽器等に多く使われる。ゆっくり成長するため、材質が非常に緻密で材の中心部が黒いのが特徴。なお、成長の遅さから、数があまり出ない稀少樹木でもある。

このページの上部へ