ほおずき
自然が生み出した美しいカタチを卓上に、空間に

自然がもたらす美しいカタチ。凛としていて、可憐で、あたたかみに満ちた、ほおずき細工

製品のご案内

いわての地に種を蒔き大切に育てたほおずき

手のひらでそっと包むような、独特のフォルム。袋状に発達した網目のみを残すことで、自然がもたらすカタチの美しさをそのまま生かした、ほおずき細工。夢工房では、いわての地に種を蒔くことから作品づくりがはじまります。虫のつきやすいほおずきを大切に育て、ようやく年に一度の収穫を迎えます。収穫したほおずきは、丁寧に皮をとり、キメ細かい網目部分だけを残して作品となるのです。

ほおずき

ナス科の多年草。初夏から夏にかけて淡黄白色の花が咲く。次第に萼(がく)が大きくなって果実を包み、独特の形に。初秋を迎えると赤く色づく。観賞用として栽培されることが多いが、食用もある。

このページの上部へ